ハワイ不動産の魅力

AdobeStock_214880264_Preview_edited.jpg

ホテル等の宿泊施設の心配なしでハワイに生活の拠点ができ、思い描くハワイ生活を送ることができるのが最大の魅力です。ハワイが大好きで何度もリピートされている方、リタイア後の住居として、お子様のサマースクールの滞在先として。自由度が広がります。

-投資物件として最適である訳-

ハワイでは、築年数はコンドの販売価格に影響せず、20年前、30年前に建てられた物件でも、昨日建てられた物件でも、環境と立地条件・内容次第で価値が決定されます。ハワイの中でもオアフ島は、世界的なリゾート地として経済が好調な事、島であることが投資物件として、また地元の居住用物件としての新規住宅の開発が出来る土地に制限があり、需要に対する供給量が充分でない事が、価格が大きく変動しない安定性を保つ要因です。

-開発状況-

カカアコ エリア

ワードビレッジプロジェクトは約60エーカ(73,450坪)の面積に、15年以上をかけて約16棟、約4,300戸が計画されております。それと共に、有名ショップや有名レストラン、エンターテイメントなどの商業施設の開発も進み、ホノルルに新しい魅力ある街が誕生する予定となってます。

 

アラモアナエリア

複数のプロジェクトが計画をされており、カピオラニ大通り沿いには高層の建物建築が出来る様になったり、ホテル運営が可能な事になった為に、現在ではアラモアナホテルの近隣にはマンダリンオリエンタルホテルの建築が発表されております。

 

ホノルル・レール・トランジット計画

アラモアナは、今後開通が期待されている始発駅となっており、開通後には新たな生活スタイルや人の移動の動きが生まれる事が想定されております。

-安定した価格-

住宅バブル、サブプライムローンのバブル崩壊、世界金融危機とアメリカ全体の住宅価格は様々な要因で高騰と下落を繰り返しています。ですが、ハワイの不動産については、2001年アメリカ同時多発テロの時でもほとんど影響を受けておらず、2008年のリーマンショックの時でさえ、オアフ島の不動産は7%の下落で済み、すぐに高値を更新。

 

要因としては

1)世界共通のリゾート地

2)限られた供給が需給を引き締める

3)高い透明性と公平性を担保する不動産取引システム

最終100万でコンド! 2-1.jpg

RENTAL

ANYTIME

​case3

滞在しない期間をレンタルできる

-好調な観光客-

渡航者は930万人を超え、毎年伸びております。ハワイはリピーターが多く、近年、高額なホテルから、手頃な金額で利用できるバケーションレンタル旅行者が急増している。

​グラフ

-バケーションレンタル収支-

Airbnb, HomeAwayなどのバケーションレンタルサイトにて、宿泊を募集した際のサンプル収支

宿泊売上:

 

GE Tax:

Ta Tax:

管理費:

 

粗利益:

$1,950.00

$91.88

$199.87

$1,000.00

$1241.75

( 1日$65 × 30日 )

*ピーク時 $2,700でレンタル実績あり

*消費税 4,712%

*宿泊税  10.25%

*[内訳]  借地権・電気代・共益費

( 電気代により変動あり)

*コロナウィルスによる影響のように、宿泊客が減る場合がございます。

*パーキングが月極め($165 税抜)で、テナントを募集することが可能です。

*予約獲得・お客様対応などを、管理会社に依頼した場合、宿泊売上から20%の手数料が別途。

*各税金は、お客様が納税する義務がございます。

COMDOMINIUM

​OWNERSHIP

​case4

タイムシェアと違った魅力がある

一般的なタイムシェア

コンドミニアムスタイルの1室を、52週(52人オーナー)に分割し、「1週間分の所有権」を購入し「共同所有するプランです。

バケーションレンタル物件購入

100万円(1万ドル)の頭金で、ハワイのバケーションレンタルのお部屋が購入できるプランです。

100万円(1万ドル)の頭金

​所有権

​完全自由なスケジュール​

​ESTAで最長3ヶ月滞在可能

自分の持ち家なので、好きな時に宿泊が可能。レンタル運用していても、ピーク時の日程を広く抑えておき、渡航日が決まったら宿泊日を確定することが可能​​。

ハワイ不動産の魅力

AdobeStock_214880264_Preview_edited.jpg

ホテル等の宿泊施設の心配なしでハワイに生活の拠点ができ、思い描くハワイ生活を送ることができるのが最大の魅力です。ハワイが大好きで何度もリピートされている方、リタイア後の住居として、お子様のサマースクールの滞在先として。自由度が広がります。

-投資物件として最適である訳-

ハワイでは、築年数はコンドの販売価格に影響せず、20年前、30年前に建てられた物件でも、昨日建てられた物件でも、環境と立地条件・内容次第で価値が決定されます。ハワイの中でもオアフ島は、世界的なリゾート地として経済が好調な事、島であることが投資物件として、また地元の居住用物件としての新規住宅の開発が出来る土地に制限があり、需要に対する供給量が充分でない事が、価格が大きく変動しない安定性を保つ要因です。

-開発状況-

カカアコ エリア

ワードビレッジプロジェクトは約60エーカ(73,450坪)の面積に、15年以上をかけて約16棟、約4,300戸が計画されております。それと共に、有名ショップや有名レストラン、エンターテイメントなどの商業施設の開発も進み、ホノルルに新しい魅力ある街が誕生する予定となってます。

 

アラモアナエリア

複数のプロジェクトが計画をされており、カピオラニ大通り沿いには高層の建物建築が出来る様になったり、ホテル運営が可能な事になった為に、現在ではアラモアナホテルの近隣にはマンダリンオリエンタルホテルの建築が発表されております。

 

ホノルル・レール・トランジット計画

アラモアナは、今後開通が期待されている始発駅となっており、開通後には新たな生活スタイルや人の移動の動きが生まれる事が想定されております。

-安定した価格-

住宅バブル、サブプライムローンのバブル崩壊、世界金融危機とアメリカ全体の住宅価格は様々な要因で高騰と下落を繰り返しています。ですが、ハワイの不動産については、2001年アメリカ同時多発テロの時でもほとんど影響を受けておらず、2008年のリーマンショックの時でさえ、オアフ島の不動産は7%の下落で済み、すぐに高値を更新。

 

要因としては

1)世界共通のリゾート地

2)限られた供給が需給を引き締める

3)高い透明性と公平性を担保する不動産取引システム

最終100万でコンド! 2-1.jpg

RENTAL

ANYTIME

​case3

滞在しない期間をレンタルできる

-好調な観光客-

渡航者は930万人を超え、毎年伸びております。ハワイはリピーターが多く、近年、高額なホテルから、手頃な金額で利用できるバケーションレンタル旅行者が急増している。

​グラフ

-バケーションレンタル収支-

Airbnb, HomeAwayなどのバケーションレンタルサイトにて、宿泊を募集した際のサンプル収支

宿泊売上:

 

GE Tax:

Ta Tax:

管理費:

 

粗利益:

$1,950.00

$91.88

$199.87

$1,000.00

$1241.75

( 1日$65 × 30日 )

*ピーク時 $2,700でレンタル実績あり

*消費税 4,712%

*宿泊税  10.25%

*[内訳]  借地権・電気代・共益費

( 電気代により変動あり)

*コロナウィルスによる影響のように、宿泊客が減る場合がございます。

*パーキングが月極め($165 税抜)で、テナントを募集することが可能です。

*予約獲得・お客様対応などを、管理会社に依頼した場合、宿泊売上から20%の手数料が別途。

*各税金は、お客様が納税する義務がございます。

COMDOMINIUM

​OWNERSHIP

​case4

タイムシェアと違った魅力がある

一般的なタイムシェア

コンドミニアムスタイルの1室を、52週(52人オーナー)に分割し、「1週間分の所有権」を購入し「共同所有するプランです。

バケーションレンタル物件購入

100万円(1万ドル)の頭金で、ハワイのバケーションレンタルのお部屋が購入できるプランです。

100万円(1万ドル)の頭金

​所有権

​完全自由なスケジュール​

​ESTAで最長3ヶ月滞在可能

自分の持ち家なので、好きな時に宿泊が可能。レンタル運用していても、ピーク時の日程を広く抑えておき、渡航日が決まったら宿泊日を確定することが可能​​。

ハワイ不動産の魅力

dreamstime_l_36428298.jpg

ホテル等の宿泊施設の心配なしでハワイに生活の拠点ができ、思い描くハワイ生活を送ることができるのが最大の魅力です。ハワイが大好きで何度もリピートされている方、リタイア後の住居として、お子様のサマースクールの滞在先として、自由度が広がります。

-投資物件として最適である訳-

ハワイでは、築年数はコンドの販売価格に影響せず、20年前、30年前に建てられた物件でも、昨日建てられた物件でも、環境と立地条件・内容次第で価値が決定されます。ハワイの中でもオアフ島は、世界的なリゾート地として経済が好調な事、島であることが投資物件として、また地元の居住用物件としての新規住宅の開発が出来る土地に制限があり、需要に対する供給量が充分でない事が、価格が大きく変動しない安定性を保つ要因です。

-開発状況-

カカアコ エリア

ワードビレッジプロジェクトは約60エーカ(73,450坪)の面積に、15年以上をかけて約16棟、約4,300戸が計画されております。それと共に、有名ショップや有名レストラン、エンターテイメントなどの商業施設の開発も進み、ホノルルに新しい魅力ある街が誕生する予定となってます。

 

アラモアナエリア

複数のプロジェクトが計画をされており、カピオラニ大通り沿いには高層の建物が建築ができる様になったり、ホテル運営が可能になった為に、現在ではアラモアナホテルの近隣にはマンダリンオリエンタルホテルの建築が発表されております。

 

ホノルル・レール・トランジット計画

アラモアナは、今後開通が期待されている始発駅となっており、開通後には新たな生活スタイルや人の移動の動きが生まれる事が想定されております。

-安定した価格-

住宅バブル、サブプライムローンのバブル崩壊、世界金融危機とアメリカ全体の住宅価格は様々な要因で高騰と下落を繰り返しています。ですが、ハワイの不動産については、2001年アメリカ同時多発テロの時でもほとんど影響を受けておらず、2008年のリーマンショックの時でさえ、オアフ島の不動産は7%の下落で済み、すぐに高値を更新しています。

 

要因としては

1)世界共通のリゾート地

2)限られた供給が需給を引き締める

3)高い透明性と公平性を担保する不動産取引システム

RENTAL

ANYTIME

​case3

滞在しない期間をレンタルできる

-好調な観光客-

渡航者は930万人を超え、毎年伸びております。ハワイはリピーターが多く、近年、高額なホテルから、手頃な金額で利用できるバケーションレンタル(民泊)旅行者が急増しています。

*現在は新型コロナウィルスの影響で観光客の姿は見られませんが、オアフ島は世界的に見ても感染者数が比較的少なく、コロナ収束後の風評被害も深刻なものにはならないと予想されています。

-バケーションレンタル収支-

Airbnb、HomeAwayなどのバケーションレンタルサイトにて、宿泊を募集した際のサンプル収支

宿泊売上:

 

GE Tax:

Ta Tax:

管理費:

 

粗利益:

$1,950.00

$91.88

$199.87

$1,000.00

$1241.75

( 1日$65 × 30日 )

*ピーク時 $2,700/月でレンタル実績あり

*消費税 4,712%

*宿泊税  10.25%

*[内訳]  借地権・電気代・共益費

( 電気代により変動あり)

コロナウィルスによる影響のように、宿泊客が減る場合がございます。

パーキングが月極め($165 税抜)で、テナントを募集することが可能です。

予約獲得・お客様対応などを、管理会社に依頼した場合、宿泊売上から20%の手数料が別途かかります。

各税金は、お客様が納税する義務がございます。

COMDOMINIUM

​OWNERSHIP

​case4

タイムシェアと違った魅力がある

​所有権

​完全自由なスケジュール​

​ESTAで最長3ヶ月滞在可能

自分の持ち家なので、好きな時に宿泊が可能。レンタル運用していても、ピーク時の日程を広く抑えておき、渡航日が決まったら宿泊日を確定することが可能​​。

自らが使用しない期間は、バケーションレンタル物件として貸し出して運用することが可能。**

24時間セキュリティーが常駐(英語)。

レンタル運用している場合は、管理人(日本語対応)が平日の営業時間に対応可。

​△

ハワイに「住む」を体験できる。

​キッチンや洗濯機などを完備し、長期滞在も快適。***

レンタル

運用

​コンシェルジュ

生活

​1年のうち固定週から、1週間のみ滞在が可能

​GWやお盆など、ピーク時は希望の予約が取れないことも。

​ホテルによっては、日本人のコンシェルジュが常駐。

​ホテルの設備・施設を利用できる。リゾート気分を味わえる。

滞在期間

​△

​予約

​△

×

*申請手数料、固定資産税、その他諸経費を除きます。

**本物件は、30日泊以上からの貸し出しになります。

****洗濯機、乾燥機(有料)は共用部分7階にございます。

一般的なタイムシェア

コンドミニアムスタイルの1室を、52週(52人オーナー)に分割し、1週間分の所有権を購入し共同所有するプランです。

初期費用

​物件価格200万〜600万*

バケーションレンタル物件購入

100万円(1万ドル)の頭金で、ハワイのバケーションレンタルのお部屋が購入できるプランです。

100万円(1万ドル)の頭金*

権利

​1週間分の共同所有件

Company: 

​Vacation Rental Ownership Hawaii

HAWAII MILITARY REALTY

 

​Address:​

1136 Union Mall #405,Honolulu, HI 96813

Tel:

+1 808-367-0159

Email:

info@ownershiphawaii.com

お気軽にお問い合わせください。

日本時間との時差が19時間ございますので返信が遅くなる場合がございます。あらかじめご了承くださいませ。